ホームでヤクルト戦。2

2-4でホークスの負け。
今日も打てず。
投げるほうは山田にやられました。
被弾に関しては山田自身の打撃技術が光るものでした。
坂東から打った一発も流石。
しかしながら、さっきは外を打たれたんで次は内側って感じで打たれていてはダメでしょう。
読みやすかったはずです。
そんなわけで、完敗。
交流戦負け越し。
この調子のままリーグ戦再開したらどうなるでしょうかね。
ベンチ選手各々考えたほうが良いです。

ホームでヤクルト戦。

0-1でホークスの負け。
石川、8回1失点ながらも負け投手。
よく投げてくれましたが、防ぐ事の出来た失点。
一発のある打者に対してカウント悪くしてストライクをとりに行ったところをドカン。
バッテリーそろって油断以外の何もでもありませんでしたね。
結果的にその1点で負けたわけですから本当にもったいなかったです。
まあ何にせよ打てなかったから負けました。
好機で打てず、2死走者無しなら打つ。
プレッシャーのかからない場面でしか打てないんです。
そして、無策。
見逃し三振。
ストレスの溜まる攻撃でした。
時々打って、他は投手頼み。
今の人員では厳しい結果になりそうな気がします。
ヘッドコーチ、何とかして。

ホームで広島戦。3

1-1でドロー。
先発レイ、8回1失点でゲームメイク。
8回に三森のタイムリーで何とか追いついて負け投手は免れたという状況、それだけ打てませんでした。
とにかく、先発オーダーのほとんどの打者が玉村にタイミングが合わず無失点が続いてましたからね。
打ち取られ方も様々で、なぜそこまで打てないのかよくわからなかったです。
そんな中ひとり気を吐いたのが三森。
4安打1打点の活躍。
これが昨年ファーム首位打者だった彼の実力、底力なのか。
それならば良いなと思います。
三森のタイムリーが3塁打、1死3塁のケースを作ったんですがその後が続かなかったです。
追いついた後のあと一本、ここが今季のホークスの足りない部分ですよね。
何とももどかしいです。
勝ち越せなかったのは痛い。

ホームで広島戦。2

8-4でホークスの勝ち。
東浜、7回4失点投球で今季初勝利。
序盤に完ぺきな投球内容。
ただ、その序盤に相当飛ばして投げていたようで4回には息切れ、3失点を許す展開でした。
それでもなんとか粘って投げると5回には打線が勝ち越して勝ち投手に。
5回は2死から勝ち越せるかどうか微妙な展開ではありましたがなんとかモノに出来て良かったです。
中村の粘りからのタイムリー、見事でした。
そんなわけで、ナイスゲーム。
明日勝ってカード勝ち越しと行きましょう。

ホームで広島戦。

1-1でドロー。
武田と大瀬良の投げ合い。
個人的には捕手會澤にやられた印象。
同点ソロを浴びたのもそうですし、こちらの攻撃時には配球や周東の盗塁を阻止したプレーも見事の一言。
まあ、だからと言ってやられ続けるわけにもいかないです。
明日以降は甲斐にその上を行ってもらいましょう。
不本意な結果でしたが、見応えのあった試合。
スタメン柳町、エンドランの打球方向はミスでしたが、最終打席の粘りは見事でした。

ヤフーニュースより抜粋。

12~15歳への新型コロナウイルスのワクチン接種を6日に始めた京都府伊根町に7日、接種に反対する電話が殺到し、町は新型コロナワクチン接種コールセンターを終日停止した。脅迫めいた内容もあり、町は「インターネットで知り、抗議の電話をしているようだ」という。

 町によると、朝から「子どもへの接種はリスクがある」「接種をやめるべき」などと問いただす電話が相次いだ。3回線あるコールセンターはパンク、町は30分後にコールセンターの電話を止めた。

 電話は午後5時までに97件あり、全て町外からだった。メールは38件、ファクスは8件だった。20~30分間応対することもあり職員から「仕事にならない」との声も出た。中には「人殺し」「殺すぞ」など悪質なものもあった。町は京都府宮津署に相談した。

 接種が報道された6日午後以降、会員制交流サイト(SNS)などで、子どもへの接種に反対する書き込みが相次いでいた。町の電話番号を記載し、抗議の電話を促す内容も見られた。

決めるのはこの人たちじゃないよなあ。
本人だったり親だったりとか、決めることですよねえ。
正義の皮をかぶった悪意だと思う。

ビジターで阪神戦。3

8-3でホークスの勝ち。
初回先制。
いつぶりかわからないほど、久々の先制。
三森がヒットで出塁すると、今宮が送って、栗原のタイムリー。
理想的でした。
その後も甲斐のタイムリーもあって初回3得点。
4回には2死からエラーで三森が出塁すると、盗塁で得点圏へ進塁、今宮が粘ってタイムリー。
こちらも相手のミスに乗じた理想的な得点でした。
5回、8回には追加点、ダメ押し。
打線はほぼ言う事なし。
先発和田、7回無失点投球で勝ち投手。
相手打線との相性もあるかもしれませんが、厳しい場面でも粘り強く投げられたのは大きいと思いました。
おそらくは今季最長イニング、楽しそうに活き活きと投げている感じが伝わって非常に良かったです。
失点は8回と9回の嘉弥真と泉。
それぞれ被弾。
嘉弥真が右打者に打たれたことに関してはあまり気にならないんですが、泉の失点はここ数試合続いているのが気になる所。
一度リフレッシュしたほうが良いのかもしれないですね。
そんなわけで、ビジターでカード勝ち越し。
打線が上向きになってきたのは大きいです。
ずっと続けていきたいところ。